ビジネスマンに人気の資格nlpとは|需要の高い社会福祉士

笑顔の女性

卒業後もサポートを得る

女の人

世間ではなかなか認知されていない障害といえば、言語障害が挙げられます。一般の人は言語障害と聞けば、難聴などの言葉が聞き取れない人や、声帯の障害で声が出せない状態の人などを想像するでしょう。代表的な言語障害である失語症は、単純に言葉が聞こえない、声が出せないという障害とは異なります。物や言葉の名前や概念がわからなくなってしまうので、他人とのコミュニケーション自体が全く行なえなくなるのです。失語症に罹る人の多くは他人との意思疎通ができず、誰にも理解されないので孤独になるものです。こうした失語症などの言語障害を患う人をサポートするのが、言語聴覚士です。障害を患う人へのリハビリを行なうだけでなく、心身のサポートも行なう仕事です。言語障害によってコミュニケーション不全となった場合、孤独に耐え切れず二次障害として鬱になる人が多くいます。言語聴覚士は、こうした人を適切に支え、根気よくリハビリを続けることで、社会復帰ができるよう促す仕事なのです。孤独に悩む人を支える大事な仕事といえるでしょう。

言語聴覚士となるには、専門学校に入学するのが近道です。専門学校では、言語聴覚士の資格取得を強力にバックアップしてくれます。学校での対策講座を行なうだけでなく、ウェブを使った学習サービスも行なっているので、毎日しっかりと資格取得に向けた勉強を行なうことができるでしょう。卒業後に資格取得ができなかった場合にも、次回の試験に向けて勉強を行なうことができます。卒業後も学校の講師からの講座を受けることができるので、進学することで充実したサポートにより、言語聴覚士となる夢を叶えることができるでしょう。